健康

【この差って何ですか?】血管にはコーヒー+豆乳がイイ!血管が若々しい人と血管が老けている人の生活習慣の差とは?血管の病気を防ぐ方法も!

【この差ってなんですか?】血管にはコーヒー+豆乳がイイ!血管が若々しい人と血管が老けている人の生活習慣の差とは血管の病気を防ぐ方法も!

この差って何★血管にはコーヒー+豆乳がイイ!血管年齢老けすぎの川田裕美も仰天SP
~今からで間に合う!血管年齢を若返らせる食事・運動・入浴…夜は○○を食べるべし~

MC
加藤浩次&川田裕美

出演者
石原藤樹、加藤浩次、川田裕美、かたせ梨乃、かとうれいこ、はるな愛、小林よしひさ、彦摩呂、土屋晃之、上地雄輔

血管が若々しい人と血管が老けている人の生活習慣の差とは

日本人の4人に1人が心筋梗塞や脳梗塞などの血管の病気で死亡しています。
この心筋梗塞や脳梗塞を防ぐためには血管を老けさせず若々しく保つことが大事なのです。
食事や運動入浴などの生活習慣に少し気をつけるだけで血管を老けさせずに済みます。

そこで今回は病気になりにくい若々しい血管を作るための理想的な1日の生活をご紹介します。
北品川藤クリニックの石原藤樹先生に説明していただきます。

そもそも血管年齢とは、血管の柔らかさを年齢に換算したものです。
血管年齢が実年齢よりも高い人は、血管年齢が年相応の人よりも血管が老けていると言うことになり、心筋梗塞や脳梗塞など血管の病気になるリスクが上がっているということになります。
病気になりにくい若々しい血管を作るための理想の1日はどのようなものでしょうか?
朝食・昼食・運動・夕食・風呂の5つの項目について石原先生に教えていただきます。

その差は?

◯朝食は、「青魚」の「お刺身」
◯昼食は、「コーヒー」、特に「ソイラテ(豆乳入りコーヒー)」がオススメ
◯運動は、1日8,000歩以上「ウォーキング」
◯夕食は、「納豆」
◯お風呂は、「38〜40℃」のお湯に「10分」 か どうか

現在4人に1人が血管の病気で死亡している「心筋梗塞」や「脳梗塞」を予防できるので、ぜひ毎日の習慣にしてみてくださいね。

若々しい血管を作るための理想の1日:朝食の習慣

まずは朝食から。
そもそも病気になりにくい血管を作るにはどのようなものを食べればいいのかと言うと
“オサカナスキヤネ”という頭文字!
【この差ってなんですか?】血管にはコーヒー+豆乳がイイ!血管が若々しい人と血管が老けている人の生活習慣の差とは血管の病気を防ぐ方法も!
引用元:この差ってなんですか?

8つの食材の頭文字をとって血管に良い食材を覚えやすくしています。
オはオリーブオイル
オリーブオイルは主成分のオレイン酸が悪玉コレステロールを減らす働きをしてくれます。
海藻は食物繊維が豊富にあり血糖値の上昇を抑えることができるため血管をきれいに保つことができます。
この中でも特にオススメしたいのがサとナの食材です。

サはサバ!鯖が代表ですか青魚が全体的に血管に良いという事です。
青魚は食べる時間帯や調理法によって効果も変わってきます。
サバなどの青魚は朝食で食べた方が良いのです。
青魚にはEPAという成分が豊富に含まれており、EPAは悪玉コレステロールを減らす役割があるため心筋梗塞や脳梗塞を予防してくれます。
EPAの吸収率は夕食よりも朝食の方が2倍ほど高いのです。
【この差ってなんですか?】血管にはコーヒー+豆乳がイイ!血管が若々しい人と血管が老けている人の生活習慣の差とは血管の病気を防ぐ方法も!
引用元:この差ってなんですか?

青魚はどのような調理法で食べるとより良いのでしょうか?
青魚を塩焼きにして食べていることも多いですが、青魚は刺身など生で食べる方が体に良いのです。
理由はEPAが加熱に弱いからです。
【この差ってなんですか?】血管にはコーヒー+豆乳がイイ!血管が若々しい人と血管が老けている人の生活習慣の差とは血管の病気を防ぐ方法も!
引用元:この差ってなんですか?

鯖やイワシを生で食べる事歩ことが難しいという方は無理に食べる必要はありません。
マグロにもEPAが豊富に含まれているので朝食にお刺身で食べてみてください。

created by Rinker
¥432
(2019/07/21 19:54:45時点 楽天市場調べ-詳細)

若々しい血管を作るための理想の1日:昼食の習慣

続いては昼食です。
働いている方は昼食を外で食べることがあり、なかなか気をつけて食べることができないと思いますが、脂っこいものを控えたりするだけでかなり変わります。
ただ昼食の時にある飲み物を飲んだ方が良いと言われています。
昼食にコーヒーを飲むのが血管に良いのです。
コーヒーに含まれているクロロゲン酸と言うものが悪玉コレステロールをやっつけてくれる働きをします。
ではコーヒーは1日に何杯飲むかどのようにして飲むと効果的なのかを説明します。
国立がん研究センターの研究結果では、ほとんどコーヒーを飲まない人に比べて、1日3〜4杯飲む人は心筋梗塞で亡くなるリスクが36%減少し、脳梗塞で亡くなるリスクが43%減少するという結果が出ています。

では5〜10杯飲む人はどうなのでしょうか?
コーヒーは飲めば飲むほど良いものというものではありません。カフェインは心臓を刺激する働きもあるのでコーヒーは1日3杯から4杯がベストです。
【この差ってなんですか?】血管にはコーヒー+豆乳がイイ!血管が若々しい人と血管が老けている人の生活習慣の差とは血管の病気を防ぐ方法も!
引用元:この差ってなんですか?

さらにコーヒーをどのように飲むかによっても得られる効果が変わってきます。
それはコーヒー+豆乳という飲み方です!
豆乳に含まれているイソフラボンは悪玉コレステロールを取り除く働きがあります。コーヒーに豆乳を入れて飲むだけで最高の組み合わせといえます。

若々しい血管を作るための理想の1日:運動の習慣

続いては運動。
運動は身体にいいということはご存知だと思いますが、ただ闇雲に運動すればいいわけでは無いのです。
血管に良い運動はウォーキングです。
ふくらはぎは第二の心臓と言われており、ウォーキングをすることでふくらはぎの筋肉が収縮したり拡張したりし、血管がポンプの働きをしてくれます。
そうすると全身の血流が良くなり毛細血管まで血液が届くのです。
血管を若く保つと言う意味では有酸素運動がいいと言われています。
有酸素運動とは体内に絶えず酸素を取り込み行う運動の事です。
この有酸素運動を行うと体の隅々まで酸素が届き、血管の細胞が活性化されます。
すると一酸化窒素という血管を柔らかくしなやかにする物質が分泌されます。
筋トレなど、呼吸を止めてしまいがちの無酸素運動では、体に取り入れられる酸素が少なく一酸化窒素の分泌が少ないため、無酸素運動しても血管が柔らかくしなやかにはなりにくいのです。
実際1日8000歩以上歩いている人は8000歩未満の人と比べて高血圧の発症率が40%低下します。
1日30分から1時歩いていただくと病気になるリスクが低くなります。
【この差ってなんですか?】血管にはコーヒー+豆乳がイイ!血管が若々しい人と血管が老けている人の生活習慣の差とは血管の病気を防ぐ方法も!
引用元:この差ってなんですか?

しかしただウォーキングするすれば良いのではなく、運動する時間帯も大切です。
血管のためということを考えるなら朝よりも昼や夜の方が身体にいいのです。
時刻別の脳梗塞発症者数を調べると午前8時〜10時に最も起こりやすいと言われています。
人は寝ている間にコップいっぱい分ぐらいの汗をかき脱水状態になっています。
その脱水状態のまま、朝運動をして汗をかくと血液中の水分が少なくなり、血液がドロドロになり脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高くなるそうです。
なので運動は出来るだけ昼から夜に行いましょう。

若々しい血管を作るための理想の1日:夕食の習慣

続いては夕食。
オサカナスキヤネの中に夕食にオススメのナから始まる食材があります。それは一体何でしょうか?
正解は納豆です。
【この差ってなんですか?】血管にはコーヒー+豆乳がイイ!血管が若々しい人と血管が老けている人の生活習慣の差とは血管の病気を防ぐ方法も!
引用元:この差ってなんですか?

納豆にはナットウキナーゼと言う納豆特有の成分が含まれていて、このナットウキナーゼは血液を溶かす働きがあります。
そして更になぜ夜に食べる方が良いかというと、血の塊は夜寝ている時にできやすいので、夕食の時に納豆を食べると寝ている間に固まった血液を溶かしてくれる働きがあるからです。
もちろん朝に納豆を食べるのも良いのですが、夜食べた方が血の塊ができやすい時間に効果があり、血管のためには重要です。
さらにどのように食べると効果が得られるのでしょうか?
実はナットウキナーゼは熱に弱いため熱々のご飯にのせてしまうと納豆の効果が台無しになってしまうのです。
なので納豆ご飯にのせて食べる時はご飯をよそって後少し時間を置いたり、ご飯をかき混ぜて冷ますなど工夫をしてください。

若々しい血管を作るための理想の1日:お風呂の習慣

続いてはお風呂です。
何度のお湯に何分つかると効果的なのかをご紹介します。
もっとも血管の病気になりにくいお風呂の入り方は38〜40℃のお風呂に10分つかるというものです。
最近の研究ですが38〜40℃位の温度で10分入ると、血栓を溶かすt-PAの血中濃度が高くなるという結果が出ています。

引用元:この差ってなんですか?

まとめ

【この差ってなんですか?】血管にはコーヒー+豆乳がイイ!血管が若々しい人と血管が老けている人の生活習慣の差とは血管の病気を防ぐ方法も!
引用元:この差ってなんですか?

朝食には青魚の刺身
昼食にはソイラテ
運動は昼から夜に
お風呂は38〜40℃に10分
夕食には納豆

全てを一気にするのは難しいので、出来ることから始めてみましょう。