MENU

家族とは何か?定義だけでなく機能やパターン、関わり方、名言を本気でまとめてみた

・家族とは?
・家族の意味がわからない?
・家族って必要なの?
・家族の名言を知りたい

本記事では上記のようなお悩みにお答えします。

家族とは?時々ふと気になる本質的なテーマですよね。

特にしんどいことがあったり、うざいと思うことがあったり、辛いと思うことがあると家族って何のためにあるんだろう?と思ったりしますよね。

小学校から高校までは家族をテーマに作文やレポートを書くこともあったりするので、そういった機会に家族とは?を考えることがあるかもしれません。

ぜひこの機会に家族とは?を深く考えるきっかけになればと思います。

目次

家族とは何か?(家族の定義)

家族のイメージ画像

家族とは?を考えるにあたり、家族の定義について調べてみました。

例えばWeblio辞書では以下のように定義されています。

家族(かぞく)とは、「《家》によってむすばれた繋がり・共同体」のことであり、一般的には「夫婦や親子その他の血縁」「同じ家に住み生活を共にする者」という意味合いまで含めて用いられる表現。英語のfamilyに相当する語彙。中国語でも「家族」という。

Weblio辞書

ちなみに「家族」に対応する英単語「family」はどのように定義しているでしょうか?

オックスフォード英語辞書(lexico.com)は「共同体として生活を共にする二親とその子供からなる集団」と定義しています。

A group of one or more parents and their children living together as a unit. 共同体として生活を共にする二親とその子供からなる集団

Weblio辞書

他にもgoo国語辞書では以下の通りです。

1 夫婦とその血縁関係者を中心に構成され、共同生活の単位となる集団。近代家族では、夫婦とその未婚の子からなる核家族が一般的形態。
2 民法旧規定において、戸主以外の家の構成員。

goo国語辞書

上記から考えるに当たって家族とは次の2点が定義としては重要です。

・血縁関係がある
・共同生活をしている

ただし、厳密に言えば「家族」と言えども、どちらかが欠けているケースはあります。

血縁関係が無くても共同生活をしている。夫婦という最小単位で見ると、血縁関係はありませんよね。

また血縁関係を持っていたとしても別居しているケースはあります。子どもも自立すれば自然と共に生活することはなくなります。

ただ、このどちらかが無ければ家族という定義からは外れるでしょう。

ではなぜ家族という言葉が生まれて、今も家族という存在があるのでしょうか?

それは家族が生きていくのに必要だったから、つまり役に立つ機能があったからに他なりません。

家族とは何か?家族の機能

家族の役割_イメージ画像

それでは家族の機能とは何があるのでしょうか。

ウィキペディアを参考にわかりやすくまとめてみました。

名称内容
生殖機能(増やす)子孫を残す
保護機能(守る)外敵からメンバーを守る(とりわけ女性、乳幼児、病人)
教育機能(育てる)子どもを育てるとともに、社会に適応した人格を形成する
経済機能(食べる)共同単位として経済的生産を行う
娯楽機能(楽しむ)家庭内で娯楽を楽しむ
扶養機能(支える)老人介護、子供の面倒を見る機能

例えばですが、このような機能があるから家族は存在しているのだといえます。

要するに、生きていくために必要なのが家族というわけです

しかし、現在は家族という機能が昔と同じように求められているわけではありません。

社会的な変化が家族に影響を与えています。こちらもWikipediaに載っているのを参考にまとめてみました。

名称現在の変化
生殖機能(増やす)子供を持たないとの選択、同性結婚、LGBT
保護機能(守る)警察、病院など
教育機能(育てる)幼稚園、学校など
経済機能(食べる)国の補助、支援機関など
娯楽機能(楽しむ)遊園地、映画など
扶養機能(助ける)介護施設、保育園など

このように昔は家族がいなければ生きていけませんでしたが、現在では上記の変化により家族がなくても生きていけるようになっています。そのため家族とは?家族に意味があるの?などの疑問も生まれやすくなっているのだと思います。

地球と家族_イメージ画像

確かに具体的にイメージしてみると当てはまります。

例えば子供の頃の教育においては幼稚園や学校に大部分が任されていますよね。

そのため朝から早々に幼稚園や学校などに向かって、先生や教師などにたくさんのことを教わります。そして夕方ごろに帰ってきます。

そういう意味では親から教わること以上に幼稚園や学校で教わることも多く、家族の教育機能自体は必要性が低下しているといえます。

他にも警察や病院があるからこそ守られていますし、家族で楽しむよりも友人と映画を見に行ったりカラオケに行ったりする方が楽しいと感じることも多いですよね。

そのため家族といるのがしんどいや、辛い、鬱陶しいなどの感情も昔以上に芽生えやすいと言えるのではないでしょうか。

逆に言えば昔は家族をないがしろにしてしまうと、生きていけなくなると言う恐怖感すら強かったのだと思います。だからこそ家族のために自分も貢献しなければという姿勢で向き合っていたといえます。

家族とは何か?家族の類型・パターン

家族円満_イメージ②

それでは家族を類型化、パターン化すると、どのような分け方があるのでしょうか?

形態による類型、パターン

最も一般的にな分け方です。

学校で習いましたよね。言い回しがもう古くてピンと来ないですが…。

核家族ひと組の夫婦とその未婚の子供からなる家族。家族の基礎単位とされる。
拡大家族親と、結婚した子供の家族などが同居する家族形態。拡張家族。

出自による類型、パターン

出自も最近は意識しませんが、性の名前を受け継いだり、財産を相続する際には相続割合などが影響してきますよね。

父系制(ふけいせい)父方の血筋による血縁集団を基礎とする社会形態や制度。主に次にような特徴を持つ。
・父方の姓を受け継ぐ(父系出自)
・父方の地位を受け継ぐ(父系継承)
・父方の財産を相続する(父系相続)
母系性(ぼけいせい)母方の血筋によって家族や血縁集団を組織する社会制度。主に次のような特徴を持つ。
・直系家族母方の血筋をたどる(母系出自)
・母方の財産を相続する(母系相続)  
・結婚後も夫婦は別居、もしくは妻方(母方)の共同体に居住する(母方居住制)

学者による類型、パターン

学者によっても様々な類型、パターンがあります。リヒターによる分類は病的な家族の捉え方ですが、少しドキッとしますよね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「本当に良いものしかオススメしない」をモットーにWEBメディアを運営中
▶Family Navi(月6万〜PV) ▶2020年1月に独立

コメント

コメントする

目次