節約

【2020】家族3人の生活費を20万以内にする!平均の総額、内訳から見る節約の裏技とは?

・家族3人の生活費を抑えたい

・家族3人の生活費の平均総額はいくらぐらいなの?

・家族3人の生活費の内訳ってどんな感じ?

・家族3人の生活費を抑える節約方法や裏技が知りたい

 

本記事では上記のお悩みにお答えします。

 

家族3人の生活費を抑えて、なるべく好きなことにお金を使ったり、貯蓄を増やしていきたいですよね。

 

生活費を抑える節約のコツは大きく変わってきていると感じています。今までの普通のやり方ではなく、サービスを活用して大きく見直してみましょう。月々50,000円から100,000円ほど浮かせていくことも充分可能です。

 

本記事では具体的に今すぐできる節約方法や、コツ、裏技までご紹介します。

 

ぜひ最後までご覧ください。

 

家族3人の生活費の平均の総額は?

電卓と家計簿_イメージ

まず現在の生活費の平均の総額は一体いくらなのでしょうか?皆さんの節約のガイドラインになるのでご紹介いたします。

 

総務省統計局によると家族3人の生活費は2019年の最新データによると平均303,763円でした。

意外に平均を出すと、結構みなさんお金を使っていますよね(笑)

 

ただ、このグラフには節約するためのポイントが詰まっています。皆さんも自分の生活費の内訳と比べて、どこを節約できるかなど考えてみましょう。

 

家族3人の生活費_表

家族3人の生活費の内訳は?

食料費77,071円
教養娯楽28,658円
自動車関係24,471円
諸雑費24,884円
光熱・水道22,683円
住居19,383円
交際費18,315円
通信14,454円
保険医療14,367円
家具・家事11,961円
被服・履物11,375円
教育10,434円
おこづかい9,512円
仕送り9,687円
交通6,510円

具体的に生活費の内訳で最も大きい部分を占めるのは食料費です。全体の4分の1である25%を食費が占めています。

 

また教養娯楽で約10%ほど、その後には自動車関係や雑費、光熱水道費、住居、交際費、通信、保健医療などがあります。

 

大事なポイントは食料費もそうですが、割合の大きい固定部分をいかに減らせるかが重要になってきます。

 

例えば光熱水道費、住居、通信、保健医療等は当てはまります。

この部分をどうやって節約するかですが、ポイントは普通のやり方ではなく大きく、一気に改善することがコツです。

 

このやり方は好き嫌いはあるかもしれませんが、大幅に改善できる方法なので詳しくご紹介します。

家族3人の生活費の節約方法を具体的に紹介

貯蓄を増やすライフチャートのイメージ

それでは家族3人の生活費の節約方法ですが、コンセプトとしては楽天を徹底的に活用することで大幅にコストカットするのが最もおすすめです。

これは2020年からまさにできるようになった令和時代の節約方法です。

まず、楽天を中心に置きながらも、重要度順に具体的にカットすべきことを以下に示します。

楽天グループサービスの活用_広告

通信費14,454円→0円に見直し年間173,448円の生活費を節約する

正直なところ、これが最もおすすめです。

日本は、携帯の通信費や、家の無線Wi-Fiの費用は海外の中でもトップレベルに高いです。

ここをいかに一気に削減するかが大事です。

今なら楽天モバイル一択です。

なぜなら1年間0円だからです。そして楽天ひかりという家のインターネット回線も1年無料キャンペーンを行っています。

絶対に楽天モバイル+楽天ひかりがおすすめです。

初年度無料を終えても最安値であることは間違いありません。

なぜなら1ヶ月2,980円だからです。

しかも通話料も無料です。楽天LINKというアプリから電話をすることで、完全無料になります。また楽天ひかりも初年度無料の後は、集合住宅3,800円、戸建て4,800円です。平均総額から大幅に下げることが初年度以降も可能ですので、迷わず楽天モバイルにしましょう。

水道光熱費22,683円→20,000円以下に見直し、年間30,000の生活費を節約する

インフラ_イメージ画像

まず電気とガスの契約は必ず見直したほうが良いです。なぜなら電力自由化、ガス自由化で費用が一気に安くなっているからです。

特に最近は電気+ガスの両方で契約するとお得ですよ。

改めて自分の電気+ガスの費用が見直しでいくらになるかは試算しておきましょう。

電気とガスの最安値を具体的に比較したい方はエネチェンジが便利です。

こちらで一度契約を見直してみましょう。

ちなみにプロパンガスの方も見直しがおすすめです。その場合はエネピを活用して費用を節約しましょう。

1番安いガス料金を比較し、お得に乗り換えよう!【エネピ】

詳しくはコチラ

保険医療14,367円→8,468円以下に見直し、年間70,000円の生活費を節約する

保健医療の見直し_イメージ

保険も月々の費用として重くのしかかってきますよね。

ここも必ず見直しをするべきです。

あらゆる心配に保険をかけると高くなりますが、限定的に保険をかけることで負担は大きく減らせます。

例えばライフネット生命だと業界最安値です。月々平均8,468円にすることも可能です。

一度、相談してみてはいかがでしょうか。保険を再度見直すことで、ライフプランも明確になりますよ。

保険の見直しなら、国内最大級の保険比較・相談サイト【保険コネクト】がおすすめです。

詳しくはコチラ

その他の生活費の見直し

雑費や家具・家事費用などの日用品は楽天市場で見直し

楽天ポイ活のイメージ画像

雑費や、日用品は楽天を活用するとポイント還元により激安で買えますよ!

例えばおむつなどはメリーズ1袋800円ほどで買えることも!お買い物マラソン時に日用品を一気に買う癖をつけられると、ポイントだけで年間10万円分ぐらい還元されることもありますよ。

日用品のまとめ買いは楽天市場を活用することがおすすめです。

お得セールなどはFamily Naviの楽天ルームを参考にしてください。

コチラから

住居費用は引越で見直し

家のイメージ画像

住居費用も見直しましょう。家賃は手取りの20%程度がおすすめです。

手取りが25万円なら、5万円ですね。

引越し費用もかかるので、慎重に考える必要はありますが、ポイントは郊外です

最近では在宅が週に何度か取れる会社も増えてきました。思いきって職場と少し離れてでも、快適さは失わずに家賃を下げることが可能です。

思い切って家賃は見直しましょう。

食費は業務スーパーで見直し

スーパー_イメージ画像

最も費用のかかる食費は業務スーパーでまとめ買いが最強です。

近くに業務スーパーは結構あったりしますので、週に1回程度でまとめて買い込みましょう。

家族3人の生活費の節約方法の裏技は?

楽天ポイント活用方法_グラフ

令和における生活費の節約方法の裏技はまさしく楽天のポイ活です。

日々生活をしていると、あらゆるポイントが貯まりますよね。

ただし、ほとんどのポイントが分散していて、効率的に貯められていません…。

しかし、ポイントを効率的に貯めれば、現金を使わずに買い物もすることが可能です。

そのポイントを最大効率するのに適しているのは間違いなく楽天です。

私も日用品などのまとめ買いを楽天市場に移しただけで10万円ほどのポイントが年間もらえました。

ちなみにスーパーや、百貨店、Amazonなどに分散していた頃は1万円も貯まりませんでした…。

同じお金を使っているのに、楽天ポイントに集約しただけでポイントが貯まりまくるというのは正直驚きでした。

楽天の特典_広告

本当にお得です。

まずはポイントが一気に2倍になり、カード使用100円につき1ポイント貯まる楽天カードにお買い物を集約させていきましょう。

楽天カード申込はここ!

ここをクリック

家族3人の生活費をまず月額20万以内に収めよう

節約術_イメージ画像

いかがだったでしょうか。

 

家族3人の生活費をまずは月額20万以内に収めましょう。そしてそれはそんなに難しいことではありません。特に令和時代の生活費見直しの戦略は契約の見直しと、ポイントの活用にあります。

 

最近では電力自由化、ガスの自由化、通信の規制解除などで固定費のプランが大幅に安くなっています

 

これを機に見直さない手はありません。

 

またやはり最近話題のポイント活動も見逃せません。家族全員の買うものを楽天に集約すると、簡単に数万円のポイントが貯まります。

 

日常で必ず買う日用品などは全て楽天買うことからスタートしてみましょう。

 

賢く、経済的に過ごしていくことに繋がれば幸いです。

-節約

© 2020 Family Navi(ファミリーナビ)