MENU

【2022】愛知県 塩竈神社で戌の日の安産祈願!混雑状況や初穂料・当日の服装や持ち物まで解説!

安産祈願に行ってきました!その際の経験と共に、愛知県 塩竈神社(しおがま)の戌の日にお参りする理由・祈願方法・アクセス・混雑状況・初穂料の値段・お守り・腹帯・服装・持ち物などをご紹介します。愛知県で安産祈願に行くなら、塩竈神社はおすすめです♪ぜひご覧ください。

目次

戌の日(いぬの日)ってなに?

暦の上で「戌(いぬ)」に当たる日のことで、12日に一度めぐってきます。犬は安産で一度にたくさんの子どもを産むことに由来しています。安産の象徴でもある犬にあやかり妊婦さんと赤ちゃんの無事を願い、戌の日に神社で安産祈願をする習わしが生まれました。

安産祈願に行くのは妊娠5ヶ月に入った最初の戌の日がオススメ!

一般的には妊娠5ヶ月目に入った最初の戌の日に安産祈願をするのが良いとされています。妊娠5カ月といえばちょうど安定期に入り、流産の危険性も少なくなるころです。妊婦さんによってはつわりやだるさの症状も少し治まってくるころではないでしょうか。

現代では絶対5カ月目に行かなければならないという決まりはないようなので、妊婦さんの体調の良い日を優先することをおすすめします。「5ヶ月目の最初の戌の日」は目安として覚えておくと良いかもしれません。

愛知県 塩竈神社(しおがま)は安産祈願で有名な神社

【東海 愛知県】塩竈神社

宮城県の鹽竈神社の分霊を祀られている安産祈願で有名な神社

愛知県塩竈神社は、名古屋市天白区にある安産祈願・虫封じで知られる神社です。
江戸時代後期の弘化年中の頃に創建されたと言われており歴史はそれほど深くありません。宮城県塩竈市に鎮座されている旧国幣中社・鹽竈神社より分霊を賜って祀られています。

御祭神は鹽土老翁神と呼ばれる、古事記にも登場する博識ぶりを発揮される教え導きの神です。
潮の満ち欠けの起源は鹽土老翁神が一時期地上に降りたったときに、漁業や煮塩の製造方法を教えたという言い伝えがあることから潮流を司る海路の神としても厚く信仰されています。

出産は潮の干満に影響していることから転じて、安産守護神として崇拝されていることでも知られています。名古屋でも有数の安産の神様として市内外からたくさんの妊婦さんが訪れているので安産祈願におすすめの神社ですよ

比較的閑静な住宅街の中にひっそりとたたずんでおり、坂道の途中の小高い位置に鎮座しています。
安産祈願だけでなく、家内安全や厄除けご祈祷、車清祓い、お宮参り、七五三の祈祷などが行われています。

愛知県 塩竈神社(しおがま)の基本情報

住所〒468-0075 愛知県名古屋市天白区御幸山1328
開門・閉門時間8:00〜15:00
祈祷受付場所社務所(祈祷受付兼授与所窓口)
祈祷受付時間9:00~15:00
祈祷間隔常時
所要時間5組くらいの少人数であれば祈祷時間10分程度(人数により30分以上かかるケースもあり:一人ひとりの住所・氏名を読み上げるため)
予約予約不要・当日受付のみ
お札・お守りの授与窓口9:00~15:00
電話での問い合わせ先052-831-1633(予約は不可)
注意点※御祈祷は、ご本人様がお着きになる前にお早めにお越しになったお連れ様ではお申し込みになれません

愛知県 塩竈神社(しおがま)へのアクセス

電車の場合

地下鉄鶴舞線塩釜口駅下車後、3番出口から徒歩10分程度
愛知県 塩竈神社(しおがま)へのアクセス 電車マップ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「本当に良いものしかオススメしない」をモットーにWEBメディアを運営中
▶Family Navi(月6万〜PV) ▶2020年1月に独立

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次