MENU

【2022】大阪の住吉大社で戌の日の安産祈願!混雑状況・初穂料の値段・服装・持ち物・お守りや腹帯は?戌の日はいつ?

安産祈願に行ってきました!その際の経験と共に、大阪 住吉大社の戌の日にお参りする理由・祈願方法・アクセス・混雑状況・初穂料の値段・お守り・腹帯・服装・持ち物などをご紹介します。大阪で安産祈願に行くなら、絶対住吉大社がベストです♪ぜひご覧ください。

目次

戌の日(いぬの日)ってなに?

暦の上で「戌(いぬ)」に当たる日のことで、12日に一度めぐってきます。犬は安産で一度にたくさんの子どもを産むことに由来しています。安産の象徴でもある犬にあやかり妊婦さんと赤ちゃんの無事を願い、戌の日に神社で安産祈願をする習わしが生まれました。

安産祈願に行くのは妊娠5ヶ月に入った最初の戌の日がオススメ!

一般的には妊娠5ヶ月目に入った最初の戌の日に安産祈願をするのが良いとされています。妊娠5カ月といえばちょうど安定期に入り、流産の危険性も少なくなるころです。妊婦さんによってはつわりやだるさの症状も少し治まってくるころではないでしょうか。

現代では絶対5カ月目に行かなければならないという決まりはないようなので、妊婦さんの体調の良い日を優先することをおすすめします。「5ヶ月目の最初の戌の日」は目安として覚えておくと良いかもしれません。

住吉大社は安産祈願で有名な大阪の神社

住吉大社は、全国約2300社余の住吉神社の総本社であり、日本を代表する神社の一つです。大阪をはじめ地域の方々からは親しみをこめて「すみよっさん」と呼ばれ、世界中からたくさんの参拝者が訪れます。

また、住吉大社は安産の信仰を集めています。第四本宮の祭神「神功皇后(じんぐうこうごう)」は、身籠ったまま出陣され、住吉大神の神徳により無事帰還し、御子の応神天皇(八幡神)をお生みになられました。その故事にならって、妊婦は安産の帯(腹帯)を締める習俗が、今に伝わっていると言われているんです。

上記より住吉大社は子宝や夫婦円満にご利益があると言われており、多くの夫婦が訪れる人気の安産祈願スポットになっています。

住吉大社の基本情報

住所〒558-0045 大阪府大阪市住吉区住吉2丁目9-89 
開門時間・午前6時00分(4月~9月)
・午前6時30分(10月~3月)
※毎月一日と初辰日は午前6時00分開門
閉門時間・外周門 午後4時00分
・御垣内 午後5時00分(1年中)
受付場所祈祷受付(本殿向かって左側)
ご祈祷受付時間午前9時00分~午後4時00分
電話での問い合わせ先住吉大社社務所 06-6672-0753

住吉大社へのアクセス

電車の場合

南海鉄道・南海本線「住吉大社駅」から東へ徒歩3分
・南海高野線「住吉東駅」から西へ徒歩5分
阪堺電気鉄道阪堺線 「住吉鳥居前駅」から徒歩すぐ
※路面電車になります。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「本当に良いものしかオススメしない」をモットーにWEBメディアを運営中
▶Family Navi(月6万〜PV) ▶2020年1月に独立

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次